安全に乗れる中古車を買う

注意して中古車を買おう

自分で確認してみよう

中古車を買ってすぐエンジンが故障しないよう、前もって確認してください。
もし少しでも異常が見られたら、購入を控えてください。
急に車が使えなくなったら困りますし、道路を走っている時に車が止まったら危険です。
エンジンが正常に機能している中古車を選択してください。
どんな状態になっていればいいのか、勉強しておきましょう。

きちんと車に関して勉強していれば、見ただけでエンジンの異常に気づけるはずです。
中古車を買ってトラブルが起きないよう、自分で勉強する意識を持ってください。
お店のスタッフに聞くのもいいですね。
エンジンは、車にとって非常に大事な部分です。
異常が起こるとすぐに壊れるので、正常なエンジンなのか見極めてください。

責任を取ってもらおう

お店に伝えると、無料でエンジンを交換してくれることがあります。
車を販売するお店は、きちんとお客さんに対して車の情報を提供する責務があります。
エンジンの異常をお客さんに伝えないまま販売すると、その責務を怠ったとみなされます。
ですから無償で修理するなどの、対応をする決まりになっています。
自分で修理に出すと、高額な費用が発生します。
無償で修理してくれるのは嬉しいですね。

しかしお店によっては対応を渋ったり、なかなか修理してくれなかったりすることがあります。
その間は代車を貸してくれるわけでもないので、移動する時に困ります。
前もって自分でエンジンが正常に動くのか確認してから、中古車を購入した方が安全でしょう。